FC2ブログ

KDE Plasma Active tablet Sparkのpre-order開始

KDE Plasma Active tabletことSparkのpre-orderが開始になりました。

slide_2.png

Sparkのスペックは以下の通り
 7インチ マルチタッチスクリーン
 1GHz ARM Cortex A9 processor with Mali 400 GPU
 512MB DDR2 RAM
4GB Nand フラッシュディスク
Wireless Wi-Fi 802.11 b/g (3G via USB Extenal)
1.3 MPフロントカメラ
HDMI 1080P出力
2つのUSBポート
MicroSDスロット
3.5 mmオーディオジャック
ハードウェアボリュームと電源ボタン
4次元Gsensor
電池:3000mAH 7.4v
重量:355グラム

価格は€200となりますが、販売国により価格が変動するかもとの事です。

今年は、色々とOSがリリースされそうですね。
スポンサーサイト



Boot 2 Geckoのスクリーンショット公開

Mozillaが完全にオープン、ウェブベースの電話とタブレットオペレーティングシステムの作成を目指した新しいプロジェクト「Boot 2 Gecko」の開始を発表をしたのが去年の夏。
その時の写真は以下のようなものでしたが、開発も進んだようで新たなスクリーンショットが公開されました。
boot-to-gecko.jpg

ロック画面です。
日付の他に、電話、シュートメール、eメールの件数があります。
b2glock-4f3cd57-intro.jpg

ホーム画面。
b2ghome-4f3cd57-intro.jpg

B2Gプロジェクトは今年になり急速なペースで進んでいるようです。
ロードマップによると2012年第2四半期までに製品の段階に達する可能性があります。
ただ、このロードマップはかなり攻めた感じになっているようで、遅れる可能はあるようです。

B2Gのプラットフォームは、3つの主要な層で構成されています。
Gonkと呼ばれる一番下の層は、Linuxカーネル、ハードウェアアブストラクションレイヤ、テレフォニースタック、および他の低レベルのシステム·コンポーネントが含まれています。
中間層は、デバイスの機能を公開する新しいAPIで改善されたGeckoレンダリングエンジンです。
上部層はGaia、HTMLとJavaScriptで完全に構築されていますB2Gユーザー·インターフェースです。

現状Gaia環境の現在の実装はまだ単純で不完全ですが、従来のWebコンテンツがスマートフォンユーザーエクスペリエンスを作成するための魅力的なデモは、提供できてるようです。
アプリケーション開発のためのHTMLベースのウィジェットツールキットの提供は出来ていないなど、まだまだ開発環境が揃ってないとの事。

楽しみなプロジェクトではあるので、もう少し動きを追って行きたいと思います。

Gametel Portable Games Controller を改造してみた

Gametel Portable Games Controllerですが、やはり十字キーの操作感がイマイチだったので修正してみました。
修正ポイントは、十字キーの中央を押すと上下左右のキーが全部押されてしまう事を修正します。
国産の十字キーではありえない事ですが、中華系のパッドにはよく見られがちなものですね。

まずは、開封。
IMG_20120120_173715.jpg

IMG_20120120_172150.jpg

IMG_20120120_172040.jpg

まずは、十字キー背面の高さを確認してみる為にネジを差し込んでみたのがこんな感じです。
IMG_20120120_173030.jpg

IMG_20120120_172250.jpg
IMG_20120120_173138.jpg


この段階で、組み上げると十字キーが高すぎてうまくキーが入らないのでもう少し低くする事にした。
今度は、軸の高さを少し上げてみます。
IMG_20120120_174320.jpg
軸の中心にスミチューブをはめて高さを調節します。
IMG_20120120_174507.jpg

これで、組み上げると無事十字キーの中心を押してもあまり沈まず、誤動作も減りました。
いい感じになったので、このまま使い続けてみます。

Gametel Portable Games Controller 使用感

いよいよ、Gametel Portable Games Controllerを実際に使用してみました。
Gametel Portable Games ControllerのSTARTボタンを3秒押しっぱなしでペアリングされます。

十字キーは、キー裏面の中心部分にポッチが無いので中心を押すと全部の方向キーが押された状態になります。
中華系ゲーム機によくあるタイプです。
ただ、丸くなっているのでDINGOO 丁果 A320よりは斜め方向に入れやすいです。
ABXYキーに相当するボタンは、3DSとほぼ同じ大きさで押しにくいって事はないです。
連射も結構出来ます。
LRボタンは、クリック感があり3DSよりやや固く連射には適さないかも。

Gametel Portable Games Controller 接続編

Gametel Portable Games Controllerの接続です。

Gametel Portable Games Controllerは、Bluetoothキーボードとして接続されます。
最初に、マーケットよりドライバーをインストールする必要があります。
マーケットから"Gametel Driver"を検索しインストールします。

言語と入力からGametelにチェックします。
Screenshot_2012-01-10-00-02-55.png

起動画面
Screenshot_2012-01-10-00-03-00.png

設定画面
Screenshot_2012-01-10-00-03-10.png

正式対応タイトルの一覧が表示されます。
年末のAndroidマーケットの100億ダウンロード記念キャンペーンでのタイトルも幾つかあったので後ほど試してみるとします。
Screenshot_2012-01-10-00-03-18.png

次回はいよいよ、使用レポです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ニコ動とyoutubeのランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる